2014/10/13 (Mon) 10:29



小谷田潤さんの陶展に行ってきた。

ん、この質感は…
うちのお茶碗と一緒だ!!!!

作家さんのお名前を知らずに使っておりました。
質感がとても好きで選んだ器。

こんな再会の仕方もあるのだな。
うれしい。

日常 | - | -
2014/06/12 (Thu) 09:14


昨日、親知らずを2本抜いて
ずっと読んでいた本も同時に読み終わって

何かが終わったことに
小さく手が震えていました

いつ生えてきたのかわからないけど
長年連れ添った身体の一部が
無くなってしまったのです私

さよならを言う間もなかったです

自転車の後輪もパンクしてしまい
今日一日であらゆるところに空いた穴を
ボー然としながらも感じ取って

いや、穴って言うけど
もともと穴はあって
周りを無理矢理わたしがつくったのではないですか?
とか訳の分からない自問自答をしてやり過ごしていました。

まだ麻酔が効いており
私の左顎だけ、ただの肉になっていて
触ると、他人の頬を触っているような風で

ひたひたと明らかに昔とは違う顔の肌を
何度も何度も確かめました

左顎に関して
今は、手から伝わる情報しか
頼れるものはありませんでした

次第に自分が何者なのかが
よくわからなくなってくるのでした

小さく震えたまま
自転車屋さんにパンク修理をお願いし
健康的に見えるファーストフード店に入り
昼食をとります

ストローで烏龍茶を吸うと
舌の左側のどこかはわずかに冷たさを感じ取っているのに
まったく味がせず
スッポリそこだけ無いみたいになっている

あるのに、無い

ハンバーガーを食べても
私の口の左側は、
食べ物なのか、舌なのかの区別がつかず
時々、舌を思い切り噛んでしまっているようです

噛んでも全く痛くないのです

生きてるっちゅうのは
色々感じる事なのだね

痛みも、心地よさも…

ハンバーガーは私の喉をやっと通りぬけると
お腹の中に沈んでいくのでした

そうこうしているうちに
麻酔は切れてきて
自転車も治って

痛みを感じながら
自転車に揺られていますと

「生きてたのね」と
私の中の誰かが言いました

生きてるっつうの
誰だお前は

自転車をこいで、こいでこいでこぎまくって
私は何故かここで生きているのでした

海沿いを走っていると
風が私の帽子を飛ばして行きました

自転車でどこにでも行けそうです
ハルジオンが小さな目玉焼きのように見えた
そんな昨日の午後の話
日常 | - | -
2014/05/07 (Wed) 08:56


ある日娘が天気図を絵に書いて
「お天気お姉さんして!」と私に持ってきた。

每日テレビでチェックしてきた「天気予報」なはずなのに
いざやってみると、言葉が出てこない…

「気圧の谷に伴う帯状の雲が東日本から西日本に掛かっています。
この雲は今夜一旦南に下がって天気は回復しますが、
明日は再び北上する見込みです。河川の増水や土砂災害には十分ご注意ください…。」

こういった言葉には原稿があるのです。

そんな原稿を書いておられる気象予報士さんの別荘で
昨日バーベキューをしてきました。

天気って面白い。
気温の変化で、色々なことが起こるという…

私はここ数年
每日天気図を見て、雨が何時に降るか、
雲の動きを見たりして過ごしています。

車の免許を持ってないので
移動手段は主に自転車なのです。

万が一子供を二人乗せている途中で
雨が降ってきたりしたら死活問題です…

こんなにも天気に左右される生活をしたのは
初めてなのですが
農家の方はもっともっと
天気と蜜な繋がりを持っているのだな…

つばめが低く飛んだら雨になる、とか
そんなのを聞く度に
ああ、なんにでも理由があるんだなあ、と思う

かつて、天気の存在する理由
という曲を書きましたが

本当に、身を持って体験してます

そして、自分の中にも天気があると
最近気づいたのでした

普段かなりインドアな私ですが
やはり、青空の下は気持ち良いですね。
 
日常 | - | -
2014/01/03 (Fri) 00:32
新年、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


(おじぎ)

今年はとてもあたたかく
過ごしやすいお正月になりましたね!

ちょうど去年のお正月にモツ煮を食べていて
妊娠していることに気がついたのでした…。

あの時は
二人の子育てと仕事、どんな感じでやっていったらいいのか
ワクワクと不安が交錯していました。

水の中を走っているようで
もどかしい気持ちにもなりました。
もっと早く動きたい、行きたいところもいっぱいあるのに〜

なんて焦っているわりに
あれから一年…あっという間でした。

妊娠中から出産後も、スローペースながら、ライブ、エッセー、
作曲、ナレーションなど、楽しくお仕事をさせていただきました。

TwitterやFBばかり更新して、ブログの更新が滞っておりましたが
出産後も色々と素敵なところへ行きました!


八子の花カフェ
花カフェの皆さん
松本かつひろさんやイシイ監督、ウッチーとの出会いあり


ー杏里農園 ビニールハウスー
お世話になっている杏里農園でのライブ。
真冬なのに、あたたかな楽園。ブーゲンビリアが幻想的でした…


島原・風びより
ゼロキチさんとのライブ!
濱松社長、村上さん、お世話になりました…!
ゲストハウスの檜風呂、あの香り、忘れられません。。。

仕事納め
去年の終わり、島原・風びよりのライブで
ご来場のお客さまから
「まるで舞台を見ているような歌でした」
という感想をいただき、はっとしたのです。

嬉しかったと同時に
らしさ、を追求することを怠ってはならないな、と
襟を正す思いでした。

そして、原点に立ち返って
何故私は歌っているのか、ここにいるのか、
というのも、忘れないようにしなくては。

そんなふうに気づかせてくれる
たくさんの出会いや、家族、友人の助けに、感謝してもしきれません。

名前を呼んでくれる皆様
支えてくれる皆様
気にかけてくれる皆様
会えなくともつながってくれる皆様

本当にありがとう…!
今年もよろしくお願いします!

ライブ初めは、
2月4日(火)@小戸のアリワ!
永見さん、ゼロキチさん、イシイ、私というメンバーでお送り致します。

なんと去年も2月4日にアリワでライブをしているのですが
この時つわりでちょっと汗かきながらのライブでした。

妊娠中のライブってお腹から不思議なパワーをもらえる反面
やはり動きに制限がある気はします。

この日は
身軽になったのでおもいっきり歌おうと思います。
ものすごく楽しみです…!

お時間のある方是非いらしてください。
お待ちしております。

ところで
今年ひいたおみくじに書いてあった言葉が身に沁みました…


 
今年はもっと成長したいです…!

今年もみなさまにとって素敵な1年となりますように!!
日常 | - | -
2013/11/08 (Fri) 00:58


愚図る子供を背負い
寝ぼけながら、裸眼で夜景を見た

久しぶりだった

視力0.1以下の世界
光の一粒一粒が、まるで大きな観覧車のように見えた

私はそれを、単なる
視力の悪い見え方、としか思っていなかった

水晶体がピントを合わせようとするたび、観覧車は大きさを変えた

途中から、目が景色を見るのではなく、脳が景色を見始めた、ように感じた

私の水晶体は補正するのをやめ

水晶体の奥が
視力の悪い、ぼやけた光の夜景を
幻想的な、美しい点描画のようにとらえはじめた

その時私は

何を見ているのか

ここが何処なのか

私が大きいのか
小さいのか

まるで
わからなくなった

そのうち
私を縁取っていたものが
全て外れ

自分もその絵の一部になったような
妙な感覚になった

私は
永山マキ

私は
永山マキ

私は

本当は誰なんだ

本当は、
あそこに見える山のようなものと一緒なのではないか

光と一緒なのではないか

植物も
建物も
岩も
背負っている我が子も
何もかもが一緒の生命体のように感じた

しかし、
その感覚は次第に消えていく

扉が閉まってしまう前に…

忘れたくなくて
思わず写真を撮った

映ったその世界は
クッキリ縁取りされた世界だった

何もかもに
境い目があった

私が住んでいる
いつもの
世界だった
日常 | - | -
2013/10/23 (Wed) 13:52

 
とこやとこうやに髪を切りに行った。
昨日は「TERCEIRO 帽子店」の最終日でもあった。
売れてしまって3つしか残っていなかったけれど、
そのうちのひとつ、妙にしっくりきた帽子と出会った。

出会いは突然だ。

また、ずっと気になっていた
TOORI(トリコーヒー)に行った。



そこで静かにお茶をしていたお客さんが、

何故だろう…
席を譲ってもらったのがきっかけだったのか
連れて行った赤子がきっかけだったのか

ぽつりぽつりと言葉を交わし
だんだんと境界線が薄くなって
みんなで会話をはじめた

みんなものを作る人だった。
オーナーの方もとても感じのよい方だった。
みんなをつなげてくださった。

わくわくした。

この感じ…好きだなあ。

ちなみに
トリコーヒーさんでは
馬場通友個展「草と花」を開催中です。
10月27日(日)まで。

とこやとこうや http://tokouya.exblog.jp/
TERCEIRO http://terceiro.info/
TOORI http://toricoffee.info/
日常 | - | -
2013/10/17 (Thu) 14:23


早いもので、今日で娘3歳。
そして、明日で息子2ヶ月。

時間は確実に流れていきますね

あう、あう〜
としか言えなかったのに

今では「わたしに甘えないで!」とか言うの、娘。

(夫が娘をハグしようとしたら発された言葉)

每日オムツとりかえてたのに
今ではちゃんとトイレ行くし
育児の手伝いをしてくれる

ちょっと前までぐずって大変だったのに
每日少しずつお姉さんになってる

おめでとう

そのうち
「お母さん大好き」なんて
言ってくれなくなるんだろうな

…だって私、母にそんなこと言えないよ

ぎゅっと抱きしめてくれなくなるよ

…だって私、母を抱きしめられないよ

そんなこと、
恥ずかしくって出来るはずないよ
でもいつからそうなったのか覚えてない

娘を抱っこして
「すきすき〜」と言うと
娘は嬉しそうに…
幸せそうに笑ってる

・・・

両親のことを思った

すべては一瞬で
いつ何があるかわからない

だから每日
ありがとう、とか、ごめんね、とか
思ったらその場で感謝の気持ちを伝えるようにしている

他の人には実践しているつもりだけど

親には、、、なんでか、照れてしまう

そういえば、
娘が産まれて
里帰りした時のこと

数ヶ月、
久しぶりにゆっくり母と一緒にいて、

ドラマを一緒にみたり、夜泣きする娘を一緒にあやしたり、
たまに喧嘩したり、色々あった


私は中学くらいから、あまり家にいなかったから
こんなにたっぷり母と過ごしたのは
本当に久しぶり、、というか、大人になってからは
初めてだったかもしれない

そして、いよいよ私が新居に帰る日に
台所に立って背中を向けていた母

話しかけてもずっと背中を向けていたから
変だなと思っていたら

泣いてた

私も泣いてたんだけど

母は私をハグしてくれた
私は固まってしまった
なんだか照れてしまって


私は
ありがとう、だけ言うのがやっとだった

他にも色んな想いはあったけど
全部手紙に書いて置いてきた


…そんな、抱きしめ方もある
日常 | - | -
2013/08/24 (Sat) 12:07


8月18日に
息子が無事誕生しました!

ツイッターやFB等
沢山のお祝いコメントありがとうございました!!

出産後はハイになっていたのですが
1日経ったあたりから、
顔と身体が筋肉痛になり、
その後疲れが出て大変でした‥

出産って思ったよりパワーを使うんだな…

でも、皆さんのコメントがとても嬉しくて
元気を沢山いただきました。
本当に本当にありがとうございました!

今は元気です!!

入院中色々なドラマがありました。。
私は目がパンパンでした。

落ち着いたら
このブログでも書けたら良いなあ。。



日常 | - | -
2013/07/27 (Sat) 12:43


本日の西日本新聞土曜エッセー、無事掲載されてました…

よ、良かった…、と顔をあげたら、
記事を読んでたお義母さんが泣いてた
私ももらい泣きした…

内容が内容だけに
泣けてくる

「私も、走りたい。走りたいの、本当は。」

渡船場までの道のりで
何度そう思ったかわからない

お義母さんも、昔
そう思った時があったのかな

でも
お義母さんは今でも
私達を見守ってくれているんだね

・・・

明日は、アジア美術館・絵本ミュージアムで
いよいよ産休前最後のおとあそびワークショップです

初めての試みなのでどうなることやら…
温かい目で見守って下さいまし。
彫刻ラウンジでお待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



えほんとおとの世界
http://www.kodomo-abc.org/ehonmuseum2013/event.html

7月28日(日) 11:00〜12:00
出演:永山マキ(ボーカル)&イシイタカユキ(ギター)
対象:一般 参加費:無料
場所:アジア美術館 
〒812-0027 福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F 
彫刻ラウンジにて

ものがたりに、耳をすましてみましょう。
どんな音が聞こえるかな?
いつもと違う、絵本の楽しみ方を
音と一緒に探してみましょう。
きっと違う世界が見えてくるはず。

NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2013
http://www.kodomo-abc.org/ehonmuseum2013/index.html

日常 | - | -
2013/07/24 (Wed) 00:07



壊すことは勿体無い
でも壊して見えるものもある…

今週の土曜、7月27日(土)西日本新聞の「土曜エッセー」の欄に
私が書いた記事が載る予定です

新聞に掲載される文章を書くのは初めてで
何を書こうか本当に迷って
何個も書いて
何度も書きなおしました

新聞紙の活字を思い浮かべ
ちょっと構えてしまって
難しい言葉を使ってみたりもしたのですが

なんかこれ私じゃないような…
なんて思って

かなり揃ったルービックキューブを
一回全部壊す感覚で
0から作り始めたら
言葉が出て来ました

壊してよかった
本当によかった

一度作りかけたものを壊すって
勿体無いとか、
これまでの努力は一体、、とか
過去の自分の頑張りについて
目が行きがちだけど

そこに囚われてしまっては
良い物は作れないのだなあ

壊すこと
清算すること
白紙にすること

思い返せば
これまでそんなことがよくあったな

とても勇気がいるけれど
新しく始めるということは
実は一番の近道だったりして…

なんて、ね
なんて、ね

ということで、
今週土曜日の西日本新聞、
もし良かったら是非ご覧になってみて下さい。

たった1,200文字くらいなのですが、
最近よく、しんみりと考えている内容なので
書きながらじんわりきました

というか、
真夜中、誰もいない部屋で号泣しながらの執筆でした

私は今、ちょっとずつ歩くことしかできない
でも、ちょっとずつでも前に進むのです

※写真は数年ぶりに前髪を切った私
それで見えたものがありました
日常 | - | -