2014/10/06 (Mon) 23:31
気づいたら10月…

9月の中洲ジャズから1ヶ月経とうとしてるのか
楽しかったなあ…



写真は以下に
モダーン今夜nanoライブ@中洲ジャズ2014(りゃんぺい)
http://modern-conya.jugem.jp/?day=20140914

福岡2Days!中洲ジャズ・天神BarVita、
ありがとうございました!(イシイタカユキ)
http://modern-conya.jugem.jp/?day=20140916


(BarVita)

(BarVita)

うまいもの大食堂

最近倒れてばかりいます…

そして、昨日、
モダーン今夜nano@バンバンバザールpresents 勝手にニューポート
無事終了しました!

今回初参加でしたが、素敵な空気感だったなあ。

大自然の中鳴り響く音楽、楽しいトーク、
美味しい食べ物、気持よく酔ってそのまま泊まれる
っていうのがまた…!

子供達も芝生の上を走り回ったりおもいっきり遊べて
これは是非とも友達家族を誘って皆で来たいなあ〜



バンバンバザールの「明るい表通りで」を生で聴けたし
楽しみにしていた泥水も聴けて、
イセキックに促されるままスクワットを沢山して
沢山笑って筋肉痛だよ


(皆でスクワット)

ご出演のミュージシャンも皆さんとても素敵で
ステージパフォーマンスすごかったなあ
とても刺激を受けました

懐かしい再会もあったりして
楽しい時間を共に過ごせて幸せだったな

おおはた雄一君にも会えたし
少しだけだったけどとんちピクルスさんとも話せて

チャラン・ポ・ランタンとは
NUNOジャズ以来3年ぶりでしたが
ももちゃんが娘の名前を覚えていてくれて嬉しかったな。



今回も
モダーン今夜nanoをサポートしてくださった
サックスの浦ヒロノリ君、ベースの高井亮二さん、
お二人にはかなり助けられました…

回数を重ねるごとに深い話もだんだん出来るようになって
それがとても嬉しい。
ありがとうございました!!




写真は野口ジュンちゃんが撮影してくれたよ!
ありがとーーーーー!!!
夜に飲んだバルCLUTCHのホットカルアミルク、
身体温まって美味しかった〜!!!

そして、バンバンバザールの福島さん、黒川さん、
大変お世話になりました!!
こんな素敵なイベントに誘ってくださって嬉しかった〜
来年も呼んでもらえるように精進します!

そして、またリブラボ遊びに行きます!

さて、次のライブは
今月18日(土)味噌蔵ライブ!!!

ご来場お待ちしております!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●10月18日(土)味噌蔵ライブ
・日にち:平成26年10月18日(土)
・時 間:午後5時〜6時30分(開場:午後4時30分)
・会 場:マイヅル味噌 福岡市西区姪の浜3-3-27
※マイヅル味噌の建物は、国の登録有形文化財です
・出 演:永山マキ×イシイタカユキ(fromモダーン今夜)
・定 員:60名(事前申込みが必要です)
・参加料:1,500円(当日お支払い)小学生未満無料
・申込み:http://www.hf.rim.or.jp/~daiji/karatsu-meinohama/
!! FBから申し込む場合はメッセージで氏名、住所、電話番号をお知らせ下さい
・主催:唐津街道姪浜まちづくり協議会、唐津街道姪浜景観づくり委員会
https://www.facebook.com/events/739825072754449/?fref=ts
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様のご来場を心からお待ちしております!!

ライブ | - | -
2014/08/19 (Tue) 12:06

 
新宿クリエイターズ・フェスタ2014 こどもアート 
「元たまの石川浩司さんと奏でるガラクタ楽器団の楽器作りワークショップ」 
「絵かきさんといっしょに大壁画をえがこう」 
無事終了しました! 

ガラクタ楽器団のワークショップでは 
カエルの声や池の音を表現して遊びました。 


(写真なあご)

絵本ミュージアム「えほんとおとの世界」での経験が活かされました。



そして、 
たまの「さよなら人類」を本当に 
本当に、石川さんと演奏してしまった…震えました。 
これは夢…?じゃない。言葉にならなかったです。 



そして翌日「大壁画をえがこう!」では 
杏ちゃんと子どもたちが真剣に絵を描いている姿を見ました。 


 



 

 
杏ちゃん、カッコ良かった。

まだ描きたい、まだ描きたい!と 
時間がきてもなお、描き足そうとしている小さな背中。 
 
音楽とシャボン玉とカラフルな絵と杏ちゃんと、子どもたちと… 

なんだかこの感じ、知ってる
すごく前に、感じた事があるよ 

不安はなにもなくて、希望に満ちた感じ。 

グッチのピアノに合わせて 
ピアニカを吹いていたんだけど 

途中で嗚咽がはじまりそうになって 
何度も何度も押し込めた

でも泣けてきたんだ… 

行ったことはないけれど 
天国ってこんな感じなのかな 
と思った 







2日目の 
石川浩司さんとの共演も感慨深かった。 


(帽子:協力よこいさん

 

(写真:ウロウロ山田さん

歴史の歌 
「グランドウォーカー」もご一緒していただき 

人類は進化しているのだろうか 
どこに向かっているのだろうか 

とぼんやり考えていた 

子どもたちは、美しい絵を描いている 
大人と一緒に 

最後に 
たまの「さよなら人類」を石川さんと一緒に演奏。 

ちいさいお友達は手拍子してくれ 
大人のお友達とは一緒に熱唱です。
そして絵が完成!! 


 
杏ちゃん、子供たち、お父さん、お母さん、
スタッフの皆様、お疲れ様でした!!
最後に新宿区長さんとみんなで
写真をパチリ。 


 
とても楽しい2日間でした。 
2日間とも遊びに来てくれたお友達もいて嬉しかったな!! 

ご来場の皆様、ありがとうござました!
お絵かきお姉さん:蟹江杏
太鼓:石川浩司(元たま)
歌のお姉さん:永山マキ(モダーン今夜)
ピアノ:関口直仁(グッチ)


最後に 伝説のバンド たま「さよなら人類」
ライブ | - | -
2014/08/11 (Mon) 10:18

 
アジア美術館・絵本ミュージアムにて
「えほんとおとの世界」おとあそびワークショップをした。

私が子供だったら、どんなことをしたら楽しいかな?
私が子供の時どんな遊びをしてたかな?

私は、よく名前を付けて遊んでた。

子供の頃、よく屋上で遊んでた。
物置に、こんなものが転がっていた。


 
なにこれ?
楕円形のところはゴムで出来ていて、
フシュフシュと小さな風が出る。

なんだかわからないけど
私はこれに「なんとなく」という名前を付けて
そう呼んでいた。

これは、カメラのレンズを綺麗にする「ブロワー」というもの。
全然違う名前。
でも、子供の私の目に映る、この物体の印象だった。

名前を付けたり、
聞こえない音を言葉で表現したり、
それは楽しい遊びだった。

小さいころ
友達の作り方なんてよく知らなかった

幼稚園には4歳で入ったけど、
みんな積極的に見えて、もともと静かなわたしは
さらに静かになった。

小学生になってもそれは続いて、
家に帰っては、絵ばっかり描いていた

見かねた両親は私を造形教室に通わせてくれた。

そこで、沢山絵を描いて、
粘土をこねて焼き物を作ったりした

そこには沢山の変わった本があって
見たことのない絵や写真が沢山あった
宝の山のような教室だった。

多分その時、私の目は輝いていたと思う。

子供の力だけでそういう場所を
見つける事もあるかもしれない

でも、
そういう所になるべく連れて行ってあげるのは
大人の役目じゃないかと思う

そして私は
少しずつ、表現することを覚えていった。

だから、今の私がある。

大人のおかげです。ありがとう。
私も、表現する楽しさを伝えられる大人でいたい。

というわけで臨んだ
「えほんとおとの世界」第二回目




今回は
太陽がのぼる音を聞いたり、
花を咲かせたり、名前をつけたり、
雨や海の音を鳴らしたりして遊びました。


 
出るわ出るわ、面白いオノマトペ!!
子供たちと、それに
お父さんお母さんの感性に脱帽です…

お父さんお母さんだってかつて子供だったんだもん。
さすが先輩子供!!!



ご来場の皆様ありがとうございました!



最後に、
今回の絵本選びでお世話になったヨシさん、
ヨシさんに出会わせてくれたカフェありわのなおちゃん
クレヨンハウスのスタッフの方に
お礼を申し上げます。

皆様本当にありがとう!!
ライブ | - | -
2014/08/01 (Fri) 14:02

 
今日から8月。
蓬莱饅頭のコバルトアイスを食べてきた。
南極の小さな流氷が目の前にあるようだ。
味とのギャップにビックリ‥蜂蜜とミルクの味

サクリサクリと流氷を口に運びながら
昨日の事を思い出している。
 
昨日までサックスのヤマカミヒトミちゃんが
うちに滞在していた。

彼女は、
上か下か、右か左か、
答えは一つではない事を知っている人なんだ。

私は彼女のそんな所が好き。

久しぶりに晩酌し
いろんな事を話した数日間だった。

ヒトミちゃんとももう
10年来のお付き合いになりますが

笑ったり、考えたり、
いろんな事を話しながら
今もこうして友達でいられることが
嬉しくて仕方ない
そんな彼女とライブ。

 

ライブ『三日月とともにある音楽会』@小戸アリワ
ゼロキチさんと西村周平くんによるDUO「CYLVAC」(シルバック)

ヤマカミヒトミ×イシイタカユキのDUOに
私もゲストで数曲参加させてもらいました。

CYLVACは、ユニット名が決まって初のライブになります。
最後の曲で、今まであった人生の色々を思い出しました。

ヤマカミヒトミ×イシイタカユキのDUO
ヒトミちゃんの歌うサックスと
イシイさんの超絶ギター。

会場の皆が思わず拍手を送ってしまう
ソロを展開しておりました。

すごい‥

…ゴイスー

上手さとか、技術はもちろんなのですが
二人のDUOが良かったのは
ハートが伝わってくるところだと。

それと何と言っても
二人とも音が良かった…
カッコ良かったなあ
最後はみんなで一曲!

 

 


やあ良いライブでした…
ご来場の皆様ありがとうございました!


さて、次は8月10日
アジア美術館 絵本ミュージアム「えほんとおとの世界」
http://www.kodomo-abc.org/ehonmuseum2014/event.html
こちらは普通のライブとはちょっと違い
おとあそびワークショップになります。

楽しみです。

完売のようですが、まだすこし受け付けるらしいです。
宜しかったら是非^ー^

それと、
福岡にてモダーン今夜(nano編成)でライブいたします!!
9月13日(土) 中洲JAZZ
http://nakasujazz.net/
10月4日-5日 バンバンバザールPresents 勝手にニューポート@福岡那珂川 
http://www.ban-ban-bazar.com/newport/index.html

東京でのメンバーとちょっと違うのですが
強力な助っ人をお願いいたしました!
こちらも楽しみです。
永山マキ(vo)イシイタカユキ(g)岡部量平(dr)高井亮士(b)浦ヒロノリ(sax)
皆様、またお会いできる日を楽しみにしています。
ライブ | - | -
2014/07/27 (Sun) 02:52


ブロメリアナイト@平田ナーセリー、無事終了。

フラダンスに始まり
(しかも友達が踊ってた!見慣れぬ姿に感激…)



チランジア着生ワークショップがあったり



コアな植物のスライドショーがあったり

植物が大好きな私としては
もう、もう、
たまらないイベントでした。

珍しい植物の中で歌を歌えて幸せ。
不思議な空間だったなあ。






植物にかなりアイデアをいただいたので
また歌わせていただく機会があったら
あんなことやこんなこと、
色々やってみたい事が!

またお願いします。笑

ところで
ずっと一緒に暮らしたかった
サンスベリアを平田ナーセリーで購入。

平田さんをはじめ
スタッフの方が丁寧に対応してくださって
悩んだ挙句
マッソニアにしました。

うちは長期出張があるので
植物を選ばなくてはなりません。

うちで唯一大型の植物はオーガスタ。

長期出張にも安心な
レチューザの鉢で育てています。

サンスベリアは乾燥に強いので
前から探していました。

楽しかったこの日の思い出と一緒に
育てていこうと思います。



平田ナーセリー、ありがとう!
ライブ | - | -
2014/07/18 (Fri) 11:20


服の柄、あるいは、食器、天井の木目

坂道、石の形、階段の幅、
電車の乗り換えの仕方、懐かしい文字の配列

一歩、歩けば
思い出す事がこんなにあるとは…

一日はきっと和紙の様に薄い
しかし積み重なって厚くなった記憶

私はここで何十年も生きてきたんだな 東京

・・・

東京での久しぶりのライブが終わった。

私が住んでいた谷中
パネイラのライブでは、
幼稚園の時の同級生が来てくれたり
小学校の時の先生が来てくれたり、
懐かしい顔に沢山会えました!

この日は佐藤ナオユキ氏がピアニカとパーカッションで
ゲスト参加してくれました。

写真は、山田ウロウロさんが撮影してくださいました^0^







そして、11日のモダーン今夜のライブが終わり、
翌日子供を背負って歩いていると足全体が震えている

福岡の海岸で走りこみしてたのに
全然足りなかった

モダーン今夜のライブはつい楽しくて
羽目をはずしてしまうのです。

モニター転がしてしまったり
いろいろやらかしてしまいましたが
ライブ、すっごい楽しかった!!!

モダーン今夜のライブに来てくださった方が
ライブレポを書いてくださいました。

やちさん
http://otsukayh2.blog.fc2.com/blog-entry-221.html
もももさん
http://ameblo.jp/momomo-note/entry-11892761021.html
(twitterより)

ありがとう。
嬉しいなあ…
皆さんの言葉が励みになります。

ライブ写真を、逢坂憲吾君が撮影してくださいました!





























 グランドウォーカー

 ちょっと酔ってただけなのさ





「バカヤロー!!!!!」





WGTの皆さん







この日のライブ、
メンバー皆、カッコ良かったー!!
会場の皆も、WGTも、とても温かくて…
ともかくみんなでつくった最高のステージになりました。



vice versaのvo.あゆこちゃんが来てくれていて感想の言葉をいただけたり
「銀の子馬」ツアーの超絶ドラム、工藤明君も来てくれていて
今度一緒にやろう!という話になったり


 
ゴールデン街のBAR黒猫船のみんなや家族
モダーン今夜のコピーバンドをしてくれている学生の方
愛媛から台風報道の中来てくれた女の子に会えたりとか
なんだかすごく元気をもらえたよ。

帰り道
ドラムのりゃんぺいの車で
不意に懐かしいセブンイレブンを通り抜ける

学生の時の自分に、一瞬戻ったような
不思議な感覚になる

ああ、あの頃から、今に繋がっているなんてね
想像できなかったよなあ

今よりもっと若いころ
アップダウンが激しくてバンドの事とかも悩んでいて
だけどいっつもわたしは
りゃんぺいのプラス思考をはじめ、
メンバーのみんなに助けてもらってきたなあ。

東京滞在中、沢山の人に会えて
いろんな話をしたり、気にかけてもらえたり、

月日は経ちましたが
一緒にすごした時間があるって
なんというかこう
昔にがっしり握手して、そのままなんだな、と思った

いつも一緒にいるわけではないけれど
握手の感覚は覚えている、っていうか
そういう印がついている、っていうか・・・

帰る場所があるっていうのは幸せなことだなあと思ったよ

東京、福岡、どちらも大好きな 故郷になったなあ。
ああ、一緒に時を過ごしてくれるみんなに感謝です

これからも末永くよろしくお願いします!!!!!
ライブ | - | -
2014/06/11 (Wed) 17:28


名曲を吹き 妙詩を詠う @アリワ終了

島君とは出会って10年になる。
でも一緒にライブするのは今回初でした。

島君は名曲を吹きました。
とても良い音で。

島くんの吹いた
『My Favorite Things』頭の中でぐるぐる回っている。



My Favorite Things…私のお気に入り、はなんだろう。

Raindrops on roses and whiskers on kittens
バラに滴る雨滴と子猫のひげ…は、私も好きだなあ。

Bright copper kettles and warm woolen mittens
ピカピカの銅のやかん あったかいウールのミトン

サクサクのウエハースチョコレートと、
お母さんの作った「おから」が好きだなあ。

街を散歩して、素敵なお店に出会うのもたまらない。

オオカミの口のスコーンも好きだし、
ノコニコカフェのジンジャーパインスムージーも好き
ざっこの大盛り海鮮丼、
そして、アリワのココアもカツサンドもね。

「お気に入り」が増えていくのは嬉しい。
もっともっと増やしたい。

島くんがFBで
福岡の美味しい食べ物を投稿していて、なんだか嬉しくなる。
東京、そして福岡も私の故郷になった。大好きな街。




この日は、
島くんとイシイさんのDUOや、
サックスの浦ヒロノリ君 http://ameblo.jp/urachanblog/
もゲストで飛び入り参加してくれて
なんとも贅沢な夜になりました。



また、前回のイベント「空は未完成の絵」の空間を作ってくれた
アトリエ穂音の比佐水音さんがライブにいらしてくれました。

(水音さんの個展10/4(土)〜18(土)
福岡ギャラリー尾形(けやき通り)
であるそうです!楽しみ。詳細はこちらで http://hisamiwo.com/

その時、久しぶりに歌った
「夕焼け小焼けの鐘が鳴る頃」をアリワでも歌いました。

夢を追い続ける事の厳しさとか
それを見ている周りの目とか
複雑な感情を描いた曲です…

「自称ミュージシャン」
とテレビで流れる度にチリチリ胸が痛む。

バンドを続けていくのにはパワーが必要で
仲間と何度も出会いと別れを経験してきたけど

メンバーの卒業
(卒業っていう言い方が正しいのかわからんが)は
毎度辛かったなあ…

「俺バンド辞める事にした」と告げられる度に
笑顔で見送るように努めつつ
心は泣いておりました。。。

寂しいっつうの!!!!

まるで失恋?いやちょっと違うけど
でも、失恋に近い感情。

でも私に選択肢があるように
彼らにも選択肢があって
どのような人生を送るかは
彼らが決める事なのです。

そんな当たり前のことに
毎度ショックを受けていたのでした。



ギターの清水康弘君がライブの感想メールをくれて
この曲について色々書いてくれていて…
そのメッセージのやりとり自体がなんだか嬉しくなった。

音楽は、心の距離を縮めてくれる気がする。

しんどいこともあるけど、
音楽、私は続けていきたい。

ライブ当日、
二人の子どもたちの面倒を見てくれた友達にも感謝。
音楽のおかげで彼女と出会えたんだなあ。

そこで、はっと
私のお気に入り…というか
一番好きな事は、

音楽よりも
人と出会って仲良くなることかもしれない
と思ったのでした。

『My Favorite Things』

When the dog bites When the bee stings
犬に噛まれたとき ハチに刺されたとき

When I'm feeling sad 
悲しい気分になったとき

I simply remember my favorite things
ただただ、好きなもののことを思い浮かべるの

And then I don't feel so bad
そうすれば気分がほぐれてくるわ
ライブ | - | -
2014/05/26 (Mon) 10:11


曲が描けない、詞が描けない、
ああ才能ない、終わりだ…
と、何度頭に浮かんだか

でも、大丈夫。
絶対大丈夫。

自分の中には枯れない泉がある。
その泉は、空を見ていれば湧いてくるものだ…



「空は未完成の絵」@穂音

沢山の方にお越しいただき、ありがとうございました。

この日は、空や、絵にまつわる曲を沢山演奏しました。
毎度歌詞が変わっていた新曲
「未完成の絵」もこの日のお陰で完成し、
無事お披露目できて良かったです…。



自然が描き続ける大きなキャンバスが
いつも、どんな時も、自分の頭上に広がっている…!

その下でいつも生活してるんだものなあ。
素敵だね。



ゼロキチさん、水音さん、イシイさん、
チェリーちゃん、そしてご来場の皆様!

ご一緒できて嬉しかったです…!
今日も空と共に、素敵な一日を!
※穂音の比佐水音さんが
言葉と音楽と声と体で、心を表現している…か、本当にそうだ。
絵も歌も一緒だなあ。

だとしたらやはり私は
水音さんの心が好きだなあ
とても好きだなあ。



次は6月6日アリワにて、
島君とイシイとライブします!
是を以て福岡ライブは少し先になるので、
是非遊びにいらしてください。

 
■島裕介 & 永山マキ×イシイタカユキ 音楽LIVE
2014.6.6. FRI

日程|2014年6月6日(金)
会場|cafe alikwa アリワ(福岡市西区小戸3-40-8)
時間|18:30開場/19:30開演
料金|予約2,300円(+1d)/当日2,800円(+1d)
※当日はお食事もできます!
出演|島裕介(tp)、永山マキ(vo)、イシイタカユキ(g)

予約・お問い合わせ
カフェアリワ:☎092−882−8822
(10:00〜17:00 日祝休み)
ツミキコード:ticket@tsumiki-code.com

ご予約方法:
お名前・ご予約人数・返信用メールアドレス・電話番号
を明記のうえ ticket@tsumiki-code.com までメールをお送りください。
こちらからのメールの返信をもってご予約の受付完了となります。
※2日以内に返信がない場合は、お客様のメール設定により迷惑メール扱いに
なっている場合がございます。設定解除の上、再度ご連絡ください。
※スペースに限りがございますので、お早めのご予約をおすすめ致します。
着席はご来店順になります。キャンセルされる場合は必ず事前にご一報ください。


島裕介(trumpet)
2009年からソロプロジェクト"SilentJazzCase"としても活動をはじめる。
1stオリジナルアルバム『SilentJazzCase』を2010年6月に発売。レコーディング・エンジニアも自ら行い、
国内外で高い評価を得る。その他、EGO-WRAPPIN'、畠山美由紀、 Bluey(Incognito)、沖仁、Saigenji、
オレンジペコー、パリスマッチ、 一青窈などのアーチストのツアー・録音に参加、CM「そうだ京都行こう」
2011年秋バージョンでのトランペット演奏など、多くのCMレコーディングも行っている。
執筆活動として「JazzJapan」(元スイングジャーナル誌)の連載、
管楽器と歌をコンセプトとしたレーベル"MOS Sound"を主宰しアーチストプロデュースを積極的に行っている。
2013年、初の本人名義アルバム「名曲を吹く」「名曲を吹くII」2作をリリース。
全国津々浦々で70本超えるツアーを行った。

永山マキ×イシイタカユキ
いのちの不思議さや、孤独、愛しさ、憂鬱、喜び、嫉妬…
様々な感情を独特な詩世界と声で表現する永山マキと、
カラフルな水墨画を描くような繊細でユニークなギターのイシイタカユキによるユニット。
オリジナルソングだけでなく、ボサノバやジャズなど、様々な音楽を独自の解釈で演奏する。
バンド「モダーン今夜」のメンバーとしても活動中。

JUGEMテーマ:音楽
ライブ | - | -
2014/05/09 (Fri) 09:33
比佐水音さんの絵
色の記憶「うすあかね」という作品がたまらなく好きだ。



ついこの間
京都市美術館第20回尖展に展示された
彼女の新作「光の雨」という作品もまた素敵なのだった…。



http://blog.livedoor.jp/hisa20056/archives/51151509.html

雨とか雲とか、
抽象的な絵が好きだ。

形が変わってゆくものが好きだ。

彼女の絵は
そんな言葉にならない景色を
独特な日本画の色彩で描いている。

比佐水音さんのアトリエ「穂音」は
博多、冷泉荘という
リノベーションミュージアムの中にある。
冷泉荘 http://www.reizensou.com/
アトリエ穂音 http://atelier-horn.com/

水音さんもまた
独特なテンポを持って話す方で、
話していると、心の鈴が鳴る。

それが心地よくて、
いつまでもここに居たいと思ってしまう。

そんなアトリエ穂音で、
5月24日、ライブをすることが決まった。

この日は、
普段なかなか見ることのできない
「うすあかね」も展示していただけるという。

この絵を見ていると
歌いたい曲が溢れてくる。

わくわくする。

24日は、色彩を感じることができるような
ライブにしたいと思っています。

この日限りの特別なライブ、
皆様是非いらして下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月24日(土) 空は未完成の絵

会場| 冷泉荘 アトリエ穂音
〒812-0026福岡市博多区上川端9-35 A31
【アクセス】
福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分
西鉄バス川端町博多座前徒歩5分
冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る
※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください

料金| 予約2,500円/当日3,000円(いずれも1d付きです)
時間| 19:00開場 19:30開演
出演| 永山マキ(vo)、イシイタカユキ(g) 、zerokichi(ukulele)
日本画 比佐水音(ライブ当日は作品の展示があります)

ご予約・お問い合わせ 電話予約:070-5534-1114(比佐)
ツミキコード:ticket@tsumiki-code.com

■ご予約方法:
お名前・ご予約人数・返信用メールアドレス・電話番号
を明記のうえ ticket@tsumiki-code.com までメールをお送りください。
こちらからのメールの返信をもってご予約の受付完了となります。

※2日以内に返信がない場合は、お客様のメール設定により
迷惑メール扱いになっている場合がございます。
設定解除の上、再度ご連絡ください。

※スペースに限りがございますので、お早めのご予約をおすすめ致します。
着席はご来店順になります。キャンセルされる場合は必ず事前にご一報ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




空は未完成の絵、フライヤーを眺めている。
比佐水音さんのこの絵、やはり良いなあ…。
ライブ | - | -
2014/05/08 (Thu) 09:52


あっという間に時は流れて
その時つかまえた言葉が古くなってゆく

だけど、どんな風に言ったらいいのか…と考えているうちに
降車駅をとうに過ぎてしまう

そしてその感覚は
良くも悪くも少しずつ忘れるように出来ている。

難しいです。

ちょっと前の事になるのだけれど
2日続けてライブをしました。


「朧夜ポロンポロン」写真:山本 香苗さんより @アリワ
浦ヒロノリ・イシイタカユキ・永山マキ

浦君のサックス良かったな。
ピアノの弾き語りもしました。お客さんに感動しました。


「春の味覚とJAZZの夕べ」@港ラフィッツ 
清水康弘・イシイタカユキ・永山マキ

ハプニングもあり、楽しかった!これぞライブ!!
共演者、ギターの清水康弘くんがこの日の事をブログに書いてくれてます。
(コメント欄も是非覗いてみてください。)

とてもよいライブになりました。と同時に、私の歌は何なのか
ハッとさせられた出来事がありました。

ライブにいらしてくださった方に、ある、有り難い言葉をいただき、
まるで、千尋がハクの名を呼んだ時のように
鱗がポロポロ‥いえバサーっと取れたのでした。

その方は忘れてしまうかもしれません。
でも、言葉は私の中にずっと残ります。

言葉の力ってすごい…

人間が言葉を使うようになってから今に至るまで
いったいどれだけの言葉が吐き出され、消えていったか…

嬉しさ哀しさ苦しみ…
時には暴力や武器にもなりうる言葉

発した本人が居なくなっても
生き続ける言葉もある

時を超えて
励まされたり守られたり
それは、歌にも言える事だと思うし
また、音楽という言語にも言える事だと思う

余談ですが、
千と千尋の神隠しのメッセージは
千尋の成長物語ではなく、『君が忘れていても僕は覚えているよ』らしい。

「一度あったことは忘れないもんさ 思い出せないだけで」
ライブ | - | -