2015/12/27 (Sun) 02:03


密かに尊敬している人がいる
それも複数人いる

頻繁に会える人もいれば
たまに会って濃厚な時間を過ごす人もいる

その人は
何気なく人と人を繋げて
元気をくれる

さりげなく様子を伺って
声をかけて
大変そうな人がいたら手を貸して

皆が楽しそうにしているのを見て
幸せそうに笑っている

幸せな気持ちが入ってくる

今年一年のうちに起きた
大変だったことや
不平不満、
そんなものが全部どうでも良くなってしまう

みんなと一緒に、
みんなが想い合って
笑って過ごせたら
そんなものどうでもいいやぁ

満たされて
空っぽになる

幸せな忘年会

皆様
良いお年を

来年もみんなみーんな
健康で穏やかな心で
毎日楽しく幸せに過ごせますように…

 
日常 | - | -
2015/11/02 (Mon) 13:31
東京での楽しいライブや(モダーン今夜nanoワンマン↓)

 


 


須崎公園でのおしゃれなイベント、NORTH TENJIN PICNICSが終わり

 

 
ホッとしたのか、
いや、この間の遠足で無理したからなのか
うっかり風邪らしきものをひいてしまった。

そんなこんなで
迫り来る悪寒と戦っていた夜中のこと。




たったひとり
海底で酸素を欲していると、
誰かの声が聞こえてきた。

「アータ、まさか
ひとりぼっちで戦ってるとでも思ってンの?」

夢なのか本当なのか、熱で意識が朦朧としている。

「やっぱり!!ヤーダ勘違いしないで!
あんた一人で戦ってるわけじゃないんだからね。
あんたが今まで食べてきた命、
それからあんたの身体の中にいる何人もの祖先が
一緒に戦ってるわけよ。
あんたの身体はあんたひとりのもんじゃないのッ!!
いいかげん目を覚ましなさい!!!」

え…何?
夢の中で説教されとる…。

そうか、私の中には
母がいるのね。

母や、祖母や…
会ったことない家族が私の中に記録されてるのね。

うたってきたはずです。
私の歌詞でもそのことを。

夢と現実がごちゃまぜになって
いつもの天井が見える。

さっきの声の主は誰だったのか、
と私は思った。

私の夢なのだから、
私が思っていること、っていうことになるのか?
でも私がしゃべったわけではない。

…誰なんだろう。

昔見た、マイケル・ジャクソンが新曲を発表したという夢。

マイケル・ジャクソンのホログラムが
聴いたことの無い歌を歌っていて、

正夢かとおもいきや、そんな新譜出さないし、
完全に私の脳の中の出来事だったのだけれど

これは、誰が作曲したことになるのだろう。

一体
誰なんだろう。



嬉しかったことーーー

お客様がこの間のライブレポを書いてくださいました。
ご紹介させてください。

このために生きてる。
http://s.ameblo.jp/momomo-note/entry-12085845595.html

日本グルーヴチューン振興会
http://blog.goo.ne.jp/delphis_groove/e/eb371263080431bbe36110a5a5681536
- | - | -
2015/09/20 (Sun) 10:58


目が覚めると、ブルーの目をした人が
歯磨きをしている。

ミントの匂いをさせながら
「おはよう」と笑う。

シモンが私の日常にいることが
なんだか嬉しかった。

今、うちには、
スイスからやってきた
ミュージシャン、Simon Payot が宿泊している。

私は、イシイさんとシモンは
どうやって友達になっていったんだろう
と思った。

言葉も、育ってきた環境、文化も全然違うのに
例えば冗談を言ったりして
細かいニュアンスが伝わったりするのかな?

って謎だった。

二人に聞いても、
どうやって仲良くなったか覚えてないという。
ただ、お互い頭の良い人だな、と思っていたらしい。

ボストンにいた時のイシイさんの印象を聞いてみたら

・親切でやさしい
・何をすべきかわかっている
・少し謎めいている

というようなことをシモンは答えた。

最後に言った
「全然変わってない」と。


シモンは冗談をよく言う。
イシイさんも言う。

それが、私にも、何故か意味がわかる。
そして私も笑う。

どうしてだろう、
シモンと会話していると、
なんとなく、シモンの言いたいことがわかるようになってくる。

私は
海外に行くこと
海を超えることに関して
ものすごく大きくて高い壁があるように感じていた。

でも
シモンと話して
わかったことがある

私たちは、同じ部分で笑える
私たちは、おなかがすく
私たちは、地球に生きているという点で同じ…

シモンと
一緒にやる曲のリハーサルをして、

この部分はこうしよう、とか
こういうハーモニーのほうがよくない?
とか話し合う。

この音とこの音はぶつかる、とか、
何が美しくて、何が美しくないか、とか

誰に説明されたわけでもないのに
私達は
なぜだか同じような印象を受ける…

何故?

何故…なんだろう?

性別も人種も越えて
言葉を越えて
音楽の響きは心に入ってくるのだ

今日は、福岡の久留米で
初めてシモンとライブする。

一体どんな事が起こるのか楽しみだ。

シモンとの生活やライブを経て、
きっと、今までは見えなかったものが
見えるようになるだろうな。

それもまた楽しみだ。
日常 | - | -
2015/07/17 (Fri) 13:29



免許を取得してから「車社会」を知った

車社会は不思議なところだ

車の顔をした人間が
ものすごい速さで道を行くのだ

スクーター
二輪、自転車
歩行者

みんな同じ人間なのに

車の顔をした人間は
自分が強くなった気がするようだ

邪魔だ
邪魔だ
お車様のお通りだ

トラックやトレーラー
車体が大きければ大きいほど
自分が強くなった気になるようだ


中身は同じ人間なのにね


T字路で右折しようと
車が途切れるのを待っていると

T字路の右側から
ぬっ
と大きな車の顔が出てきた

左折しようとしている大きな、
ものすごく大きなトレーラーと出会ってしまった

今の私の車の位置では
どう考えてもトレーラーと接触する

トレーラーの運転手は
迷惑そうな顔をして手で何か言ってる
後退しろ、というようなジェスチャーだ

ドキドキしながら後退する

トレーラーはゆっくりと左折してきた

運転手はお礼を言ってくれた
そんなに怖そうな人じゃなかった。

…あれ?

そうか、もしかしたら
「すみませんが後退してもらえますか」だったのかもしれない。

それを
「後退しろ」?
迷惑そうに?

トレーラーに乗っているというだけで
勝手に語尾を荒っぽく受け取っていた。

偏った見方をしていたのは
他ならぬ私だったのだ。

同じ人間なのに
同じ人間なのにね…

 
日常 | - | -
2015/07/07 (Tue) 15:24


昨日は「おはなしの種おろし」
大人のための「音」と「絵本」の読み伝えの会だった。

作曲する時はピアノで作るけれど
弾き語りなんて、しばらくやっていなかった。
ゴールデン街のBAR黒猫船以来10年ぶりだ。
緊張して、鍵盤の上で少し手が震えた。

チャイムの音から始めた。
まずイエラ・マリの「りんごとちょう」を
ピアノで読んだ。

今回は2000年より前の絵本に絞った。
とりわけ60〜70年前の絵本が多かったように思う。

パソコンが普及する前の
携帯電話が普及する前の作品。

夜の静けさを
思い出すような

循環していく音に
耳をすますような…

よしさんが読む絵本に合わせて
私は音で読む。

雨や海や土、くまの寂しさや、親を探す気持ち、
バランスや、イシコロが転がっていくのを。



合間合間で、そのストーリーから
思い浮かんだ曲を歌った。

「スイミーは水の中」「君なんか」「大犬のアルファ」
「prayer」(矢野顕子・pat methane)等
色々…

特に、「君なんか」は、
本当に久しぶりだった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「君なんか」

臆病者の僕は
君の弱さを 探してばかり

完璧なものなんか 綺麗なものなんか
強いものなんか

ーーーーーーーーーーーーーーー

という歌詞からはじまる…

これを作った時と今とでは
気持ちが違っていて、
だからなんとなく、歌わなくなっていたのだけれど、
私は、今の私の言葉で歌うことにした。
ほんのすこし、違う。
だけど私にとっては全然違う。

それもありだと思った。
むしろ、より良い作品になりそうで、
楽しみだった。
曲も育って行くのだね。

絵本の会は、
よしさんと何度も何度も会って、話し合い
アイデアを出し合い、
私はどのように音で関わったら良いのか沢山考えた。

何も無いところから形にするのは大変だったけど
よしさんと沢山言葉や考え方を交換することが出来て
その時間は宝物のように楽しく充実していた。

福岡に来てから、イシイさん以外の人と
こんな風に新しい場を儲けるのは初めてのことだった。

一人で泣いていた4年前に比べたら、
だいぶ成長できた。(まだまだだけど)

今後も色々なことをやっていきたいと思った。

イシイさんや、よしさん、
これから出会う誰かと、
絵本もだけど、
絵本だけでなく、色々なことを…

交換するって楽しい、
意見を言い合うって楽しい。

そういう、関係性を
沢山の人と作っていけたらいいな。

きっかけをくれたアリワの直ちゃんに感謝。

やることは沢山ある。
少しずつ着実に、進めていこう。

「おはなしの種おろし」というタイトル

(自然農では種を蒔く、というより
種をおろすと言うらしい。丁寧な印象。)

誰かの心に、種をおろせたらと思ったけれど
むしろ私が種をおろしてもらった会でした。

ありがとう。

アリワの酵素玄米ランチ、
美味しい。

今日は七夕ですね。


 
ライブ | - | -
2015/06/30 (Tue) 20:33
「生まれた所や皮膚や目の色でいったいこの僕の何がわかるというのだろう」



先日撮影があった福岡市のCMが放送中です。
地上波が福岡5局で6/27から7/3オンエア。
キャナルのシネマアドが、6/27から7/10オンエア。
その他、web、ソラリアビジョン、youtubeでもご覧いただけます。
 

 
雨が続いていたのですが
この日だけ奇跡的に晴れて青空が広がりました。
海岸で朝から撮影でした。
太陽がとてもまぶしかった。
イシイさんはギターかとおもいきや、歌での参加になりました。
新鮮だった!

 
福岡市 2015年7月 青空篇60秒(永山マキ&イシイタカユキver)
※WEB動画の公開は、7月末までになります。
CM | - | -
2015/06/10 (Wed) 13:44

 
木、みたいな人…って思った。
初めて「よしさん」に会った時。
今も、その印象は変わらない。

よしさんは、自然農をされたり、
手染めの布なぷきんを作っている。
そして、子供達に、絵本を読み伝えている。

よしさんが選ぶ絵本は、
絶版になっていたり、とても古かったり、
かなりマニアックな面白い絵本ばかりだ。

初めて目にするものが沢山ある!

そして、そのどれもが、
大切なことを教えてくれる…。

去年の絵本ミュージアムで
選本にアドバイスをいただいたり、
彼女と木や、海の話をしているうちに
だんだん、だんだん、距離が縮まっていった。

緑に見えたり、青に見えたりする
よしさんの美しい目を見つめながら
じいっと言葉に耳を澄ます。

年齢も、生き方も、全く違う私たちだけれど
なぜだか、通じるものがあって

なんとなく、よしさんと一緒に
何かできないかなあって、
ずっと思っていたんだけれど、
やっと少しずつ見えてきた。

今、「大人のための絵本と音の読み伝え」を企画中です。

よしさんが選ぶ、絵本の世界に
是非触れて欲しいです。
日常 | - | -
2015/06/01 (Mon) 23:01


6月の初め、友人は
「今日、蛍見に行かない?」と言った。

そんな言葉、私が育った環境では
まず聞いたことがない。

福岡の人は、贅沢な暮らしをしている。
365日の中に「今から蛍を見に行く」という選択肢がある。

いや、東京にもあったのかもしれない。
単に私が知らなかっただけなのかもしれない…。

川のそばに住んでいる人は
それが日常の一部なのかもしれない。

誰かの日常は、
誰かの非日常。

それはこの間の旅で知ったことだ。


車で蛍の川へ向かう。
窓から満月に近い月が見えた。

どの道を選んでも
変わらず月は浮かんでいる。

月の色がミルクみたいだなあと思った。
昼間に母乳の話をしていたからかもしれない。

遠くの山に鉄塔の灯りが見えた。
近くでは看板の光が叫んでいる。

私の目は眩しい夜に慣れていた。

30分程すると、地上の光は薄れてゆく
緑の匂いと共に生き物の声が沢山聞こえてきた。

蛍の川に着いた。

木々が茂る川の畔に、
見たことのない光が見えた。

目を凝らす。
だんだん、だんだん見えてくる。

森の暗闇に
星空が広がっていた。

空との境目は一体何処にあるのだろう。

緑の光は、ふわふわと宙を舞う。

写真を撮ろうとすると
iPhoneは蛍より、月より、眩しく光った。

慌てて明かりを消した。

月に照らされながら
私達は夢の様な時間を過ごした。

蛙の声、虫の声、川の音、
沢山の生き物の中に私はいた。

友人の声がした。
「蛍の寿命は成虫になってから一週間くらいらしいよ」
「セミみたいだね」

成虫になって一週間とは
私にとって、人生のどの時期にあたるのだろうか。

子供達は川の石を渡る。
危ない危ないと言っても、進んでいく。

手をぎゅっと握りしめながら
守られているのはどっちだろう、と考えた。

空の境目などない。
宇宙は鼻の先から始まってるってさ。



日常 | - | -
2015/05/16 (Sat) 23:44



興奮していて写真をすっかり撮影し忘れてしまいましたが、
先日はアリワの復活ライブでした。

新しい音響セットで臨みました。

今回久しぶりに演奏した新曲「未完成の絵」は
永見さんに加わっていただき、
即興の雨の曲も3人で演奏しました。

あの曲には
二度と同じようには演奏出来ない=同じ空は二度と無い
というテーマがありました。

まるで絵を描いているようで
すごく楽しかった…

永見さんと久しぶりにご一緒しましたが、
毎度テンポの早い難曲を演奏できて
スリルがあって楽しいです。
…なんであんなの弾けるんだろう…!
キノコの曲、面白かった…!

昨日の選曲にはMCで話した事以外に、

裏のテーマがありました。
アリワの直ちゃんへの感謝の気持ちとエール、の花束…。

お休みしていた期間、
直ちゃんにはいろんな事がありました。

お父さまが遺されたアリワは
これまで沢山の出会いの場になってきたことでしょう。

また再開してくれて
とても嬉しいです。

ありがとう、直ちゃん。
ありがとう。

JUGEMテーマ:音楽
ライブ | - | -
2015/05/14 (Thu) 12:56


尾道にて。
懐かしい自動販売機を発見。(しかも、まだ動いているという)
子供の頃実家の前にあったなあ…
ネクターが美味しそうで、
ねだらないと飲めなかった。
大人が羨ましかった。
あの頃の大人は今どうしてるかな。
日常 | - | -