<< D&DEPARTMENTのコンビニ『d mart 47』渋谷ヒカリエ期間限定オープン | HOME | けやき通り音楽祭 子育てママライブ >>
2016/05/21 (Sat) 23:42
ライブにアクシデントは付きものだ。



今日はなんと本番前に
プロジェクターが突如熱暴走して
動かなくなってしまった…

しばらく休ませても復活せず、代わりのプロジェクターも
すぐには見つからず、みんなでハラハラドキドキしていた…

今日は映像とライブのコラボだというのに…
お客さんは既に外でおまたせしている。
どうしようどうしよう。

そんな中、伊藤さんをはじめ、スタッフの方々
小学校や冷泉荘の杉山さんに力を貸していただき
プロジェクターをなんとかお借りできることになった。

なんとかギリギリ‥
本当にギリギリ…危なかった…

そしてライブが始まった
まるで人生みたい



今まで色んなアクシデントに遭遇したけれど
毎回なんとか乗り越えてきた

すげえなあ
人の力って…と思う

なれない機材だったのもあり
ライブ中も段取り通り行かなかったり
お見苦しい点もありましたが

それでも、何とか無事ライブ終了しました。



今回のライブのほとんどは
私の曲にいわいあやちゃんが映像や写真をつけてくれる
というコラボになりました。

何故この曲に、この写真を選んだのか、
などの話も交えつつ、ライブが進行していきました。

形が変わっていくものについてや(大犬のアルファ)
劣等感や嫉妬の話だったり(君なんか)
母親の身体が惜しみなく子どもに尽くしている(おっぱいぺったんこ)
という話とか
曲と共に、私が何故この曲をつくったのかもじっくりお話することもできました。

途中、
いわいあやちゃんからのお手紙を朗読したり



モフモフスキー(ミスターイトウ)さんが登場したり


生の松原の伊藤モフモフスキーが手紙を届けてくれました

写真の中で歌ったり
生の松原の映像に合わせて歌ったり
色々なことがありました。

や〜映像とのコラボ
初めての表現方法で大変だったけど
この経験を活かしつつ
これからもっともっと面白くしていきたいなあ。



ご来場の皆様、ありがとうございました。
開場が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

スタッフの皆様、大変お世話になりました。

イシイさん、あやちゃん、
一緒にライブできて嬉しかったです。


いわいあやちゃん

色々あったけど
生きてるって感じがしてゾクゾクしたよ。うふふ。

ありがとう。


 
目を閉じると、『最終回のうた』の
小値賀島のおばあちゃんの写真が、浮かんでくる。
小値賀島でライブできたらいいなあ‥。
 
ライブ | - | -