<< 「はじめまして赤ちゃん」放送100回目記念 特別企画 | HOME | 新月の音楽会 青谷明日香と歌った日 >>
2016/02/24 (Wed) 22:33

 
先日、東京に住む父が、生まれて初めて九州に上陸し
私達のライブを見に来た。

私が音楽をやっているのは、父の影響もある。
父はテーラーの仕事の傍らJAZZギターを弾いており
娘の私にピアノを習わせた。

演奏するのも聴くのも大好きな父は
この日のライブを楽しみにしていたようだ。

石川周之介君とのライブ「偶然の音楽」

出演|石川周之介カルテット
石川周之介(sax,fl)後藤魂(p)寺尾陽介(b)工藤明(d)
永山マキ(vo)×イシイタカユキ(g)
会場|小戸アリワ

まずはイシイと私のしっとりDUOで『はじめはひとりで座ってた』。
それに石川周之介君が加わり、『あのフレーズ』を演奏。
つづいて、石川周之介カルテットのクールなJAZZがはじまる。
The Shiny Stockings等、素晴らしいアレンジでどんどん会場が熱くなり、
周君のMCとステージ・パフォーマンスで更に盛り上がってゆく。



この日は、メンバー全員で
普段福岡ではなかなか出来ない、モダーン今夜の曲や、
JAZZスタンダード等などを演奏した。

『ちょっと酔ってただけなのさ』では
イシイさんのエロいギターが炸裂。
学園天国になったり、
周君とスキャット対決することになったり何が起こるかわからない


『私のチョコレート』はスリリングな演奏で
「バカヤロー!!!!」というサビの部分で拍手が起こる。

『わたしのチョコレート』後、歌いきって倒れる

『銀の子馬』は、リリース当時、ライブメンバーだったドラムの工藤くんと
10年ぶりの共演。当時よりもさらにパワーアップした、
キレッキレのドラムを聞かせてくれた。宇宙にいるようだった。


『いつもの朝』は…もう書けない。心が動いた。


そして、本編ラストの『愛しいリズム』では、
タマシさんの感動的なピアノイントロから始り、
途中で寺尾君のベースが4つ刻みだし4ビートになったり、
このメンバーならではのアレンジに、自由に変化していく。


アンコールで周君カルテットがしっとりクラシカルな曲を演奏したあと
最後の曲『名犬ジョディ』は会場のみんなで大合唱。

笑いあり涙ありの、まさに偶然の音楽。


父はライブに興奮したらしく。
メンバーに感動を伝えた。

メンバーと父と。

酒を飲んで雄弁になった父が、
打ち上げでメンバーにこんな事を話していた。

「60過ぎて、孫が生まれちゃったりしてさ、
世代交代を感じるわけよ。
社会から「御役御免」って言われてるようでさ。
実際、どんなに長く生きても、あと20年くらいなもんよ。
みんなまだそんな事考えもしないでしょ?
ワタシもみんな位の時、考えもしなかったよ。
これまで、自分は何を社会に残してきたか、
これから何を残せるか、とかリアルに考えるよね‥」

そう言って笑う父の心は、
少年のまま年をとっただけのように見える。

人は何故老いるのかな。
どうしてシワが増えていくんだろう。
どうして思うように動かなくなっていくんだろう。

心もシワが増える?動かなくなる?
年を重ねれば重ねただけ
「考え方のコツ」みたいなのを学んでいくだろうけど
ずっとずっと喜怒哀楽はあると思う。

私がもし、御役御免な扱いをされたら、寂しいだろうな。
その気持ちを言わない、という選択をするかもしれないけれど。

翌日・室見うめやにて両親と皆でランチ

両親が帰る日、二人を車に乗せて
駅まで送っていく。

昔は一緒に暮らしていたのに、
今は別々の家に帰っていく…。

「じゃあな。」

両親と過ごせる時間は
あとどれくらい残っているのだろう。

「大事なことは伝えられるうちに伝えたほうがいい」と
いつもの朝で歌っておきながら
自分の両親にはなかなか面と向かって言えない。

「なかなか言えないけど
いつも感謝してますよ」

偶然の音楽が出来るのは
あなたたちが私を産んでくれたからだからね。

アクセルを踏む。

残りの人生で、私に何ができるだろう。
ライブ | - | -