<< ともにある | HOME | 天国 >>
2014/08/11 (Mon) 10:18

 
アジア美術館・絵本ミュージアムにて
「えほんとおとの世界」おとあそびワークショップをした。

私が子供だったら、どんなことをしたら楽しいかな?
私が子供の時どんな遊びをしてたかな?

私は、よく名前を付けて遊んでた。

子供の頃、よく屋上で遊んでた。
物置に、こんなものが転がっていた。


 
なにこれ?
楕円形のところはゴムで出来ていて、
フシュフシュと小さな風が出る。

なんだかわからないけど
私はこれに「なんとなく」という名前を付けて
そう呼んでいた。

これは、カメラのレンズを綺麗にする「ブロワー」というもの。
全然違う名前。
でも、子供の私の目に映る、この物体の印象だった。

名前を付けたり、
聞こえない音を言葉で表現したり、
それは楽しい遊びだった。

小さいころ
友達の作り方なんてよく知らなかった

幼稚園には4歳で入ったけど、
みんな積極的に見えて、もともと静かなわたしは
さらに静かになった。

小学生になってもそれは続いて、
家に帰っては、絵ばっかり描いていた

見かねた両親は私を造形教室に通わせてくれた。

そこで、沢山絵を描いて、
粘土をこねて焼き物を作ったりした

そこには沢山の変わった本があって
見たことのない絵や写真が沢山あった
宝の山のような教室だった。

多分その時、私の目は輝いていたと思う。

子供の力だけでそういう場所を
見つける事もあるかもしれない

でも、
そういう所になるべく連れて行ってあげるのは
大人の役目じゃないかと思う

そして私は
少しずつ、表現することを覚えていった。

だから、今の私がある。

大人のおかげです。ありがとう。
私も、表現する楽しさを伝えられる大人でいたい。

というわけで臨んだ
「えほんとおとの世界」第二回目




今回は
太陽がのぼる音を聞いたり、
花を咲かせたり、名前をつけたり、
雨や海の音を鳴らしたりして遊びました。


 
出るわ出るわ、面白いオノマトペ!!
子供たちと、それに
お父さんお母さんの感性に脱帽です…

お父さんお母さんだってかつて子供だったんだもん。
さすが先輩子供!!!



ご来場の皆様ありがとうございました!



最後に、
今回の絵本選びでお世話になったヨシさん、
ヨシさんに出会わせてくれたカフェありわのなおちゃん
クレヨンハウスのスタッフの方に
お礼を申し上げます。

皆様本当にありがとう!!
ライブ | - | -